忙しくて時間の無い経営者も大丈夫!来店不要・対面相談なしで利用できるファクタリング会社の特集!

中小企業や自営業者から注目が高まっているファクタリングに関するご紹介です。

中小企業や自営業者の場合、経営者は資金調達だけでなく、営業や、事務手続など幅広く対応しなければいけないところも多くなりがちです。

そのため、経営者は忙しくて時間がないということもあります。

 

そんな経営者におすすめの時間を節約できるファクタリング会社のご紹介です。

ファクタリング会社の店舗へ来店する必要がなく、郵送やWEB上から申込や契約手続きを完結できる来店不要・窓口での面談不要のファクタリング会社をご紹介します。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは銀行融資やビジネスローンを補完するものとして注目を集める資金調達方法です。

特に中小企業や個人事業主に適した資金調達方法と言われています。

しかし、ファクタリングは借入ではありません。

 

ファクタリングは商取引で発生した売掛金を、本来の回収期日前に前倒しで資金化する方法です。

借入というよりも売上債権の売却や流動化にあたるのがファクタリングと言えます。

 

ファクタリングでは取引先に対して発生した売掛金をファクタリング会社に売却することで、本来の回収期日前に売掛金を現金化することができます。

そのため、売掛金の回収サイトが長い会社など、売掛金を多額に保有していて、運転資金が多く必要となる会社には有効な資金調達方法となります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

また、ファクタリングの審査基準は銀行融資やビジネスローンとは異なります。

融資やビジネスローンでは借入する法人や個人の返済能力を重視して審査を行います。

融資する銀行や貸金業者は貸したお金が返ってくることが最も大切ですので、そのために借入人の事業が黒字であるなどの収益力が重要となります。

 

一方、ファクタリングでは利用者の信用力も確認しますが、それ以上に売掛金を支払う取引先の支払い能力が重視されます。

 

ファクタリング会社は買い取った売掛金の回収を、取引先が売掛金の支払いを行うことによって完了できます。

仮に、ファクタリング利用者の返済能力が低かったり、赤字、リスケ、税金滞納中といった状況であっても、売掛金を支払ってくれる取引先の返済能力が高ければ、ファクタリング会社の審査に通る可能性は高くなります。

 

そのため、銀行などの融資審査に落ちた方でもファクタリングを利用できる可能性は十分にあります。

 

ファクタリングの関連記事

 赤字、債務超過、リスケ中でもファクタリング可能

 ファクタリングの審査では何が確認されるのか?

 

ファクタリングの利用条件

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンに比べて審査に通りやすく、利用しやすいのが特徴です。

さらに、審査スピードも速く、即日~3営業日程度で資金調達が可能です。

 

しかし、ファクタリングであっても誰でも希望すれば必ず利用できるというわけではありません。

 

ファクタリングを利用するためには条件もあります。

ここでは、ファクタリングの利用条件について確認しておきましょう。

ファクタリングの利用条件には以下のようなものがあります。

  • 請求できる売掛金があること
  • 支払遅延のない売掛金であること
  • 必要調達額以上の売掛金があること
  • 法人企業向けの売掛金であること
  • 入金履歴を確認できること
  • 既に売却済みのファクタリングでないこと

 

ファクタリングの利用条件は対象となる売掛金に関するものが中心です。

ファクタリングを利用するためには最低でも調達する必要のある金額以上の売掛金があることが条件となります。

売掛金がなければファクタリングは利用できませんし、売掛金の範囲内でしか現金化もできません。

 

さらに、売掛金であればなんでも良いわけではありません。

 

ファクタリングに利用できる売掛金とは、正常な商取引によって発生した売掛金であり、支払先に対して請求可能なものになります。

取引先から支払いを拒否されていたり、存在を否認されているような売掛金はファクタリングの対象になりません。

 

ファクタリングにも利用条件があります

 

加えて、支払先が法人である売掛金に限定されるのが通常です。

自営業者などの個人に対する売掛金はファクタリングの対象としても認めていないファクタリング会社が大部分です。

 

ファクタリングの審査では売掛金を支払う会社の支払い能力を評価します。

しかし、個人に関する情報は取得しにくいため、ファクタリング会社としても支払ってくれる取引先が個人だと返済能力を評価するのが難しいことが原因です。

 

ファクタリングを利用するためには、以上のような条件を満たした売掛金を保有していることが最低条件となります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの対象となる売掛金とは?

 

来店・面談なしでも利用できる

前述のような条件を満たしたうえでファクタリングを利用する場合でも、申込などの手続きに問題が発生することがあります。

 

その問題の1つが、ファクタリング会社への来店や直接の面談です。

通常、ファクタリングを利用するためには、インターネットから申込を行い、審査通過見込みが高いと判明した時点でファクタリング会社の窓口まで来店して、担当者と面談する必要があります。

 

ファクタリング会社では提出された申込書類に加えて、ファクタリングの利用希望者となる会社の代表者と面談した結果を踏まえて審査を行います。

面談が必要となるのは銀行融資なども同様ですが、その分資金調達に時間がかかります。

 

経営だけでなく、資金調達、営業など様々な役割を担う中小企業の経営者は忙しく時間がないのが通常です。

そのため、ファクタリング会社に来店して面談するのも容易ではないでしょう。

 

さらに、良いファクタリング条件を引き出すためには、3~4社程度のファクタリング会社で相見積もりを取る必要があります。

各社ともに面談を行っていては時間も体力も消費してしまいます。

 

そんな多忙な経営者にも利用しやすくておすすめしたいのが、来店不要に加え対面での面接不要で利用できるファクタリング会社です。

ファクタリング会社のなかには、直接の面談を求めず、インターネット上の申込や郵送による書類提出だけで手続きを完了してくれる会社も存在しています。

こういったファクタリング会社を利用すれば多忙な経営者の時間を無駄にせず、簡単にファクタリングを利用することができます。

 

以降では、本サイトがおすすめする「対面での面談不要なファクタリング会社」をご紹介します。

これからファクタリング会社を探す方は是非、参考にしてみてください。

 

来店不要のファクタリング会社

それでは来店不要・対面による面談不要で利用できるファクタリング会社のご紹介です。

 

ウィット

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

 

来店不要・面談不要なら「ウィット」のファクタリングがおすすめです。

ウィットは2016年11月設立の業歴3年目のファクタリング会社です。

 

ウィットの特徴は「スピード」、「小口専門」、「非対面申込」の3つです。

WEB上から申込を行って、その後の書類提出、契約など、手続き全てをメールや郵送で完結できるので、一度も来店したり、ファクタリング会社からの面談を受ける必要がありません。

 

ウィットは小口専門のファクタリング会社であり、最小30万円から500万円までのファクタリングの申込ができます。審査スピードは業界最速水準であり、最短即日から売掛金の現金化が可能です。

 

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリングデータ

設立2016年11月
手数料水準非公表
買取可能額30万円~500万円(最大)
利用対象者法人・個人(自営業者)
現金化までの日数最短即日
2社間ファクタリングの取り扱い
備考非対面での取り扱い可能

(店舗への来店不要)

 

日本中小企業金融サポート

日本中小企業金融サポート の郵送ファクタリング

 

次におすすめするのが「日本中小企業金融サポート」のファクタリングです。

日本中小企業金融サポートには「郵送ファクタリング」と呼ばれるファクタリングサービスがあります。

郵送ファクタリングとは、一度も来店することをもとめず、WEB申込と郵送での手続きで完了できるファクタリングサービスのことです。

 

日本中小企業金融サポートの審査に通ったのち、提示されるファクタリング条件に納得して申込を行えば、契約書などが郵送で届けられます。

 

必要事項を記入して返送すればファクタリングの利用手続きは終了します。

対面相談、来店が不要ですので、手続きを楽に行うことができます。

 

さらに、日本中小企業金融サポートは「一般社団法人」であるという特徴もあります。一般社団法人は「株式会社」とは異なり、営利追求だけを目的にしていません。

そのため、ファクタリング利用者を騙すといった対応も考えにくく、安心して利用しやすいファクタリング会社となります。

 

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

日本中小企業金融サポートのファクタリングデータ

設立2017年4月
手数料水準非公表
買取可能額(最大)非公表(3,000万円以上可)
利用対象者法人・個人(自営業者)
現金化までの日数最短即日
2社間ファクタリングの取り扱い
備考WEB+郵送で申込可

 

ファクタリングの関連記事

 郵送ファクタリングとは?

 

その他のファクタリング会社

来店、もしくは担当者に来社してもらったうえで面談する必要はありますが、検討対象にくわえておきたいおすすめのファクタリング会社のご紹介です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングは手数料が安い

 

最大買取可能額:1億円

 

ファクタリング利用時に、必ず検討対象に加えておきたいのは三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

 

三共サービスが選ばれる理由

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ファクタリングの関連記事

 三共サービスのファクタリングの特徴

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

 

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

 

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社です。

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

 

ビートレーディングのファクタリング実績

 

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

 ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

最大買取可能額:5,000万円

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

 

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

MSFJの特徴

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

 

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。

手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MI Vision

MI Visionの将来債権ファクタリング

MI Visionのおすすめ度:A+

  • 最長3ヶ月までの将来債権ファクタリング可能
  • 他社に比べて大きな金額のファクタリングが利用できる

 

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです。

 

その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

 

MI Vision基礎データ

利用できる方法人企業
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額7,000万円まで
ファクタリング手数料ホームページ上で公表なし
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

 

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

OLTA

ファクタリングのOLTA

OLTAのおすすめ度:A+
  • 急成長中のファクタリング会社
  • 大手金融機関と業務提携
  • ファクタリング手数料2.0%~9.0%の範囲内
  • 信頼性が高く、安心して利用できる
  • 日経新聞などのメディアでも紹介多数

 

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

 

OLTA
4.5

ファクタリングのOLTA

☆クラウドファクタリング
☆大手金融機関との業務提携豊富
☆来店不要で契約可能

適用金利・手数料など

2.0~9.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

見積もり結果は24時間以内

その他優遇など

2社間ァクタリングも利用可能(取引先への通知不要)

資金調達限度額

非公表

 

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

OLTA基礎データ

利用できる方法人企業/個人事業主
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

ファクタリングの関連記事

 口コミ・評判の良い優良ファクタリング会社

 

ビジネスローンも検討

ファクタリングを利用するためには売掛金を持っていることが最低条件となります。

そのため、現金商売となるサービス業や、必要な額が売掛金を超えてしまっている場合などでは利用できないこともあります。

 

そんな時に検討したいのがビジネスローンです。

ビジネスローンとは主に貸金業者と言われる金融業者が取り扱う融資商品であり、銀行融資に比べて審査に通りやすく、借入しやすい融資商品です。

 

貸金業者は正規の免許・許可を受けて融資を行う業者です。

政府が認める正規の金融業者ですので、ビジネスローンも安心して利用できる融資商品になっています。

ビジネスローンであれば売掛金を保有していなくても利用可能ですので、売掛金がない、もしくはファクタリング対象になる売掛金がない事業者はビジネスローンも検討してみましょう。

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローン

 

ビジネクストはビジネスローン業界トップクラスの規模と知名度を誇る会社です。

ビジネクストの特徴はカードローンのタイプのビジネスローンを取り扱っていることです。

カードローンタイプですので、一旦契約しておきば、その後はいつでも自由に借入を行うことができます。

 

もちろん、契約は借入枠を持っておくことにはお金がかかりません。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

 ビジネクストのビジネスローンがおすすめの理由

 ビジネクストで審査落ちしてしまう理由

 

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスのビジネスローン

 

ユニーファイナンスのビジネスローンもおすすめです。

ユニーファイナンスは東海エリアを主として営業している貸金業者であり、正規の免許・許可を受けている会社です。

 

ユニーファイナンスでは無担保型のビジネスローンだけでなく、不動産・有価証券を担保とした有担保型のビジネスローンも取り扱っています。

そのため、担保があればかなり大きな金額(上限3,000万円)の借入も可能となっています。

 

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

 ビジネスローンとは?

 審査の甘いビジネスローン会社の見つけ方

 

 

まとめ

ファクタリングは借入ではなく、売掛金を売却することによる資金調達方法です。

ファクタリングは売掛金さえ保有していれば、銀行融資に比べて資金調達しやすいのが特徴です。

 

今回はそんなファクタリングのなかでも、ファクタリング会社への来店不要、対面での面談不要で利用できるファクタリン会社をご紹介しました。

忙しく時間のない経営者におすすめのファクタリング会社となりますので、是非、検討対象にくわえていただければと思います。

 

ファクタリングの関連記事

 サイト厳選!おすすめファクタリング会社の一覧

 手数料が業界トップクラスに低い三共サービスとは?

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG