NO IMAGE

カードローンで良くある失敗例|申込時、契約後に気をつけるべき点を徹底解説

お金に困ったときに、「カードローンを利用してみようかな」と考えたことはありませんか?最近はコマーシャルなどでもカードローンを見かけることが多くなり、以前よりも身近な存在になりつつあります。

ただ、初めて利用する人は十分な知識がないために、失敗するケースが多いため注意が必要です。ここではカードローンで良くある失敗を紹介していくので、これから利用する際の参考にしてみてください。

 

 

カードローン申込時に良くある失敗

カードローンはさまざまな種類があるため、どれを選んだらいいかわからず、迷ってしまうことがあります。よく調べもせずに申し込んでしまうと後悔しやすいので注意が必要です。

まずは、カードローンを申し込むときにありがちな失敗や、注意すべき点を紹介します。

 

即日融資が受けられない

「即日融資可能」という「うたい文句」に誘われて申し込んでみたものの、実際は即日融資を受けられなかったというカードローンの失敗ケースはよくあります。

 

カードローンで即日融資を受けたいなら、なるべく平日の午前中までに申し込んでおきましょう。平日の夕方以降に申し込んだ場合、すでに営業時間を過ぎているため、その日のうちに融資が受けられない場合があります。他にも、在籍確認ができなかったために審査が途中で止まってしまい、即日融資を受けられないケースもあります。

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しいため、融資を受けるまで時間がかかります。土日の申し込みをした場合に即日融資を受けられるのは消費者金融のみとなるので注意しましょう。

 

無利息のカードローンを利用する

最近は一定期間無利息で貸してくれるカードローンが増えています。例えば「30日間無利息」というカードローンの場合、30日以内にお金を返せば利息を支払わずに済みます。

 

無利息特典は上手に活用すれば得になりますが、誤解などで失敗するケースがありますので注意が必要です。

 

無利息カードローンは一見お得に感じますが、無利息でお金を借りられるのは基本的に短い期間のみです。無利息期間が過ぎてしまうと金利が発生し、お得感がなくなってしまうので注意が必要です。

 

また、無利息期間の起算日もカードローン会社によって異なるため、最初によく確認しておく必要があります。例えば、起算日が「契約日の翌日から」となっている場合、借入をしなくても、自動的に契約日の翌日から無利息期間が始まってしまいます。契約当日に借入を行わない場合は、借入を行った日から無利息期間が始まるカードローンを選びましょう。

 

▼無利息期間で選ぶならプロミス

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

*プロミスは「初回利用日」から無利息期間が開始されますのでお得です。

 

 

下限金利で判断する

カードローンも借入ですので金利・利息には注意が必要です。金利に対する認識が間違っていると思わぬ失敗につながることがあります。

 

カードローンの金利は1年間で発生する利息の割合を%で表しています。例えば、100万円を金利15%で借りた場合は、「100万円(借入額)x15%(金利)=15万円(利息)」となり、借入額とは別に15万円の利息を支払うことになります。

 

金利は出来るだけ低いほうが良いですが、カードローンのホームページを見ると、「金利(年率)1.8%~14.6%」というように表示されており、金利の幅が大きくなっていますよね。これは利用限度額によって金利が変わるためで、同じカードローンでも借りた金額によって適用される金利が異なってきます。

 

「1.8%~14.6%」という金利を見ると、1.8%という一番低い下限金利に目がいきがちですが、これは限度額が大きい人に適用されるものなので、初めて利用する人は上限金利で比較する必要があります。金利の見方を間違えると、借入後に支払う利息が多くなって困ってしまうので注意しましょう。

 

カードローンの金利は上限で見ておくのが良い

 

闇金業者からお金を借りる

闇金業者とは、違法の貸金業者のことです。高額な金利で融資をしたり、違法な取り立てをしたりする業者なので、いくらお金に困っていても、闇金業者からお金を借りるべきではありません。

「審査無しで即日融資」「ブラックOK」などという甘い宣伝文句で誘ってくる業者を見かけたら注意が必要です。一見、普通のカードローン会社のように見せかけて近づいていくる闇金業者もあるので、引っかからないようにする必要があります。

 

カードローンを利用するときは、誰もが知っているような知名度の高い銀行、もしくは消費者金融を選びましょう。金融庁のホームページにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」に登録されている業者からお金を借りるようにしてください。金融庁に登録されていない業者は避けましょう。

 

契約後の利用方法で良くある失敗

カードローンを契約した後も油断は禁物です。間違った判断によって借金がどんどん増えたり、毎月返済に追われて大変な思いをしたりすることがあるので要注意です。カードローン契約後の利用方法で失敗しがちな点をピックアップしてみました。

 

返済額を安くする

カードローンでの借り入れ後、毎月の約定弁済が開始されます。毎月の返済額を安く設定すると、返済負担を抑えることができるので、一見良さそうに思えますよね。ただし、これは借金がどんどん膨らむ要因になりえるので注意が必要です。

 

返済額を安くしてしまうと借金がなかなか減らないため、返済期間が長引くということになります。返済期間が長引くと、完済するまでに支払う利息もどんどん増えてしまい、結果として返済総額も高額になってしまいます。

「毎月返済しているのに借金がなかなか減らない」と感じたら、返済額を見直してみましょう。総返済額を抑さえたいなら、毎月少しでも多く返済していく必要があります。利息を少なく済ませるためにも、お金を借りたら借金の返済を最優先させましょう。

 

 

返済が遅れる

カードローンはそれぞれ返済日が決められています。最初のうちはきちんと返済していても、時間が経つにつれて忘れやすくなります。しかし、返済が遅れてしまうと、遅延損害金と呼ばれる追加利息が発生するだけでなく、カードローン会社からの信頼を失い、追加借り入れができなくなったり、強制解約になる場合もあるので注意が必要です。

 

さらに、返済を滞納したことが信用情報に記載され、クレジットカードや住宅ローンの審査などに悪影響を及ぼしてしまうこともあります。契約後は返済日を忘れず、滞納しないように注意しましょう。

 

カードローンの返済は遅れてはいけない

 

 

借金が増えていく

最近のカードローンはコンビニやスマホなどで24時間いつでも簡単に借りられるため、契約後にお金を借りる癖がついてしまうことがあります。あまりにも簡単にお金を借りられることから、借金をしているという自覚もなくなってしまい、どんどんお金を使い込んでしまうケースもあるので要注意です。

 

借金が増えていくと、今度は返済が苦しくなります。毎月の返済に追われて精神的に追い詰められたり、自己破産をしたりすることもあるので要注意です。お金を借り過ぎないようにするためにも、限度額はなるべく低めに設定しましょう。必要な金額だけ借りることが大事です。

 

 

借金を借金で返済する

返済日にお金を用意することができなかった場合、他のカードローンで借入して返済しようと考える人がいます。一度このような返済パターンが出来上がってしまうと、翌月以降もまた新しく借入してしまうことになります。結果的に借金と利息が増え、お金を返せなくなってしまうケースが多いので注意が必要です。

 

カードローンとは言え、借金を借金で返すのは自分の首をしめるだけです。返せなくなるほどお金を借りるのは避けましょう。借入をする前に利用目的を明確にし、本当に必要な金額だけ借入するようにしてください。そして、最初に借入した金額をきちんと返済してから次の借入を行いましょう。

 

 

おすすめのカードローン商品

カードローンの商品性や特徴などを解説してきました。最後にカードローンの申込を検討される際に、参考にして頂きたいおすすめのカードローン商品をご紹介します。

 

カードローンと一括りに言っても、申込する金融機関などで商品性は異なります。是非、それぞれの特徴を把握してご自身にあった商品を選びましょう。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

アイフルカードローンのポイント

銀行カードローンのなかでもトップクラスの金利の低さ!

借入限度額の大きさも最高クラスカードローン

WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行かずに申込を完了できる人気のカードローンです。

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。

豊富なATMによる利便性の高さ! 審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコム土日にお金を借りる方法!

 

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

>>アイフルのカードローン完全ガイド

>>アイフルで土日・即日借入する方法

 

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

>>プロミスで即日借入する方法

>>プロミスなら土日即日借入できる

 

 

まとめ

急にお金が必要になったときに役立つのがカードローンです。最近は即日融資可能なカードローンが増え、利便性がさらに高まっています。ただカードローンの選び方を間違えると、契約後に後悔することもあるので注意が必要です。また、初回借入をした後、借金がなかなか減らずに困る場合もあります。

 

自分を苦しめることがないよう、お金を借りる前にきちんと返済計画を立てておきましょう。「なんとかなるだろう」という安易な考えは捨てて、借金の返済を最優先させてください。

カードローンは使い方さえ間違わなければ、とても便利な存在です。今回紹介した失敗例を参考に、カードローンと上手に付き合っていきましょう。

 

 

カードローンの関連記事

>>専業主婦がお金を借りる方法

>>銀行の借入審査のポイント

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG