知って得するカードローンの活用方法!カードローン契約前に知っておくべきこと!

これまでカードローンに縁がなかった人でも、人生において予想すらしていない出来事はつきものです。

特に社会人になれば、一時的に経費を立て替えたり、友人や同僚との飲み会など、思わぬ出費がかさむことや、急に大きな出費が発生したりすることもあります。

そんな時にカードローンがとても役に立つことをご存知でしょうか。

カードローンは使い方一つで、重宝できるアイテムです。いざという時の備えや、安心にもなります。上手な使い方をマスターするためにカードローンの活用方法について説明していきます。

 

カードローンの選び方

一概に「カードローン」 と言っても種類があります。

以下は、カードローンを発行する会社別で分けたカードローンの種類となります。

 

主なカードローンの発行先

  • 都市銀行、地方銀行などの銀行
  • ネット銀行
  • 消費者金融系
  • 信販会社

 

大きく分けると上記のカードローンがあり特徴は若干異なりますが、「利用方法」には、さほど差はありませんのでそれぞれ説明していきしょう。

 

銀行系カードローン

地方銀行・都市銀行問わず、大部分の銀行がカードローンを取り扱っています。銀行系カードローンの特徴は以下のようになります。

 

メリット

  • 金利が安い
  • 総量規制の対象外(但し、自主規制により、実質的に総量規制に近い運用を実施)
  • 銀行ならではの安心感

 

デメリット

  • カードローンの中では審査が通りにくい
  • ミニマムペイメントが元利分のみに設定されている銀行もある
  • 即日融資ができない

 

銀行系のカードローンは上記の通り、銀行法と貸金業法の違いにより総量規制がありません。

 

もし、総量規制の対象になっていて、既に年収の3分の1以上の借入を利用しているという方は、銀行系のカードローンであれば借入れ出来る可能性はあります。

しかし、近年、銀行も自主規制として、総量規制を順守することが増加しています。

そのため、大手銀行を中心に、総量規制はあると考えた方がよいでしょう。

 

そのため、総量規制の規制が緩いカードローンをお探しなら、地方銀行のカードローンがおすすめです。

なお、銀行系カードローンは、審査がやや厳しめですので対象外になっていても通らないケースは多々あるようです。

 

また、ミニマムペイメント(最低返済額)と言って、借入れした際の返済額にも特徴があります。

ミニマムペイメントとは、カードローンの借入残高がある状態で、毎月、最低限支払わなければいけない最低額です。

 

カードローンは、資金の余裕があれば、いつでも自由に返済可能です。

但し、繰り上げ返済、一括返済を望んでいなくても、最低限毎月支払わないといけない額というのがあります。

例えば120,000円借入れがあると仮定した場合のリボ払いによるミニマムペイメントは以下のようになります。

 

消費者金融系カードローン銀行系カードローン
8,000円4,000円

 

利用する側としては低い金額の方が魅力に感じるかもしれませんが、銀行系のミニマムペイメントの場合はほぼ元利のみの支払いとなります。

これではいつまで経っても借入残高が減らないので、借金の完済になりません。継続して返済しなければなりませんので、上手な活用方法とは言えません。

 

銀行系であってもミニマムペイメントが元利のみの支払いでない設定のところもありますし、追加で支払うことももちろんできますのでこの点には気をつけて利用を心掛けましょう。

 

カードローンの関連記事

 静岡銀行カードローンなら全国で利用できる

 静岡銀行カードローンなら専業主婦でも利用できる

 

ネット銀行系カードローン

ネット銀行カードローンは、銀行系とほとんど変わりませんが、カードの発行がなくネット銀行でのやり取りにて借入が可能です。

ネット銀行系カードローンの特徴はいかのようになります。

 

メリット

  • 金利が安い
  • 総量規制の対象外(但し、自主規制により、実質的に総量規制に近い運用を実施)
  • 申込手続きが簡単

 

デメリット

  • ミニマムペイメントが元利分のみに設定されている銀行もある(借金が減りにくい)
  • 即日融資ができない

 

上記から分かる通り、ネット銀行系のカードローンというのは銀行系とほとんど変わりません。

異なる点と言えば、ネット銀行の方が審査に通りやすく、積極的に融資額を増加させるような傾向にあります。

また、金利は全体を通して見るとネット銀行系のカードローンが1番低い傾向にありますので、カードが要らない方はおすすめです。

 

消費者金融系カードローン

カードローンのイメージとして1番強いのは、消費者金融のカードローンではないでしょうか。

アコムやプロミスと言ったCMでもよく見る会社が運営しています。

消費者金融系のカードローンの特徴としては以下のようになります。

 

メリット

  • 即日融資が可能
  • 初回のキャンペーン(無利息サービスなど)などが充実
  • ネット・実店舗ともにサービスが充実している(ネットで手続きが用意であること)
  • 審査が通りやすい

 

デメリット

  • 金利が若干高い
  • 信用情報上、プラスではない
  • 総量規制がある(年収の3分の1以上の借入不可)

 

メリットを見てもらうと分かる通り、消費者金融系はたくさんのメリットがあります

やはりカードローンを主として営業しているので当然と言えば当然でしょうか。

申込み後には無利息キャンペーンを実施していますし、実店舗も多く、ネットからのサービスもしっかりしています。

 

また、2018年1月より銀行系のカードローンでは、即日融資ができなくなりました。

ですので、即日融資ができるのは消費者金融系カードローンに限定されています。

この即日借入可能というのは、最大のメリットとなります。

 

なお、消費者金融系のカードローンで即日借入する際には申込時間も非常に重要です。

即日借入を希望されている方は、以下の関連記事をご参照下さい。

 

カードローンの関連記事

 即日借入できるカードローンはこれ

 アイフルで即日借入する申込方法

 

消費者金融カードローンのデメリットとすれば、金利が18%程で若干高くなること、また、個人信用情報上、借入れ額が多いと他のローンへの申込みに影響しますので、注意しましょう。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」「郵送物なし」「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもばれずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能:*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります

 

信販系カードローン

最後は信販系のカードローンになります。

クレジットカード会社が発行するカードローンになりますので、基本的にはクレジットカードと一体型です。※専用のカードももちろんあります。

 

信販系カードローンの特徴は以下のようになります。

 

メリット

  • 金利が低いところもある
  • クレジットカードと一体型が多いので、カードを1枚に集約できる

 

デメリット

  • 金利が若干高いところもある(消費者金融系と同等)
  • 審査が消費者金融系に比べると通りにくい
  • 総量規制がある(年収の3分の1以上の借入不可)

 

信販系カードローンの金利は会社によって様々です。

力を入れているカード会社では安いところもあれば上限の18%のところも多いです。

 

また、審査については消費者金融系に比べると厳しいですので、借入れを目的とする場合は消費者金融系の方が適しているでしょう。

金利が変わらないのに、審査が厳しく、そのうえ、即日借入も難しいため、カードローンとしての強みはあまり無いと言えます。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、最短即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

カードローンの基本活用方法

実際にカードローンを活用する方法を説明していきます。カードローンの活用方法を、作成→借入→返済と基本の流れに沿って説明していきましょう。

 

カードローンの作成(入会)方法

カードローンの作成については、数ある種類のカードローンであっても基本的な方法は以下のようなパターンになります。申込方法は、インターネットをメインとして、店頭、郵送、電話など多岐に渡ります。

 

カードローン申込方法

  • 受付窓口
  • ネット
  • 自動契約機(ATM)
  • 郵送や電話

 

それぞれのカードローン種類別に行なっている申込み方法を下記の表にまとめています。

※あくまで全体を通しての有無になりますので、中には対応できる会社もあります。

 

受付窓口ネット自動契約機電話・書類
銀行系銀行系ATMからの申請が可能な場合も有
ネット銀行系×

※一部受付可能

××
消費者金融系

※一部対象外有

信販系××

 

カードローンも今やネットからの申込みが主流になっています。

大部分のカードローンでは、24時間受付可能となっており、時間を選ばず、自宅からの申込できることがメリットと言えます。

 

いつでもどこでも申し込めるというのは、やはり使う側からしても利便性が高いです。

 

急ぎで使いたいという方にもネット申込みであれば、すぐに借入が当日中に可能ですが、前述した通り消費者金融系のみになります。

同じく自動契約機でも即日発行、借入ができますので急ぎの方はそちらを検討していきましょう。

 

カードローンの借入方法

カードローンの借入方法(実際にお金を出金する方法)は主に以下の2つです。

 

カードローンの借入方法

 

借入方法

  • 発行されたカードで自社・提携ATMから借入
  • ネット振込で借入(口座振込)

 

その他にも直接窓口で受け取る方法もありますが、上記の2つがほとんどの割合を占めています。

なお、ATMからの借入であれば24時間稼働しているものもあるため(コンビニATMなど)、いつでも自由に引出可能になります。

 

これはカードローンの一つのメリットでもありますが、手持ちの口座にお金が入っていても、銀行によっては、ATMの利用可能時間に制限があり、深夜の時間帯に引き出せません。

しかし、カードローンであれば、コンビニATMから24時間引出しができるので、深夜に突然病院に行くことになり手持ちがないといったときでも心配がいりません。

今やカードローンもカード無しで、利用できる時代ですが、万が一に持っておくと役に立ちます。

 

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法も、借入方法と変わりありませんが、以下のような方法となります。

 

返済方法

  • 銀行振込
  • 口座振替
  • ATM振込
  • ネット返済

 

銀行ATMやコンビニATMから口座もしくは直接振込にて返済する方法は以前から行われています。

口座振替については、やっていないカードローンもありますので注意しましょう。

 

やはり返済の面においてもネットが主流になっていますので手間暇がかからないネット返済をおすすめします。(ネット返済とは、カードローン会社の会員専用ページからのお手続きで、銀行口座からの自動入金が可能なサービスです)。

 

それぞれの特徴について簡単にまとめています。

メリットデメリット
銀行振込手数料がかからない通帳に記帳される
口座振替手続きが不要なので手間がかからない
手数料がかからない
通帳に記帳される    
ATM振込近くのコンビニからできるので楽     手数料がかかる
ネットいつでもできるので楽
手数料がかからない
特になし

 

カードローンを利用する中で、周りに知られたくない方も少なくはないと思います。

銀行振込や口座振替であれば、通帳に記録が残ってしまうので、注意が必要です。

 

ATM振込であればその心配も必要ありませんが、その分手数料がかかりますので、やはりネットからの返済がお得になってきます。

 

カードローンの上手な活用方法

ここまで基本的な活用方法を説明してきました。

ここからは上手な活用方法を説明していきますが、カードローンを利用するにあたり必ず知っておいてほしいことになります。

 

カードローンはとても便利ではありますが、半端な使い方をすれば自分で自分の首を締めることになります。

そうならないためにもしっかりと理解した上で、上手な利用を心掛けていきましょう。

 

金利重視のカードローン選び

一つ目の活用方法は、申込み時のカードローン選びになります。

これはご自身が長期で借りるか短期で借りるかによっても変わってきます。

長期的であればやはり、上限金利が低いカードローンを短期的であれば期間限定で無利息で借入できるカードローン選びが好ましいです。

 

それぞれのおすすめのカードローンを簡単にまとめています。

おすすめカードローン実施中のキャンペーン上限金利
アコム30日間無利息年18.0%
プロミス30日間無利息年17.8%
アイフル30日間無利息年18.0%

 

申込み段階で、返済の目処が立っていない場合には上限金利が低い方が無難にはなりますので、少しでも金利が低いものをおすすめします。

 

返済スケジュール

上手な活用方法としてここが最も重要です。

カードローンを利用する上でしっかりと返済スケジュールを立てましょう。

 

そうでなければいつまでも返済が続いて額が増えるだけ増えてしまい、払い続けていた返済もいつのまにか払えなくなる、なんてことにもなりかねません。

カードローンの返済は、前述した返済方法にて毎月決められた日までに返済もしくは引き落としになります。

 

カードローンで知っておいてほしい知識として日割り計算で金利が計算されるということです。

例えば年利18.0%のカードローンを利用する場合に1年と1ヶ月(30日)を比較すると以下のようになります。

 

・10万×18%÷365×365=18,000円

・10万×18%÷365×30=1,479円

→18,000-1,479=16,521円

 

1年と1ヶ月を比較するとこれだけの金利差が生じるので全く負担する金額が異なることが分かります。

期間が長くなれば長くなるほど負担が大きくなりますので1日でも早い繰上げ返済をすることが上手な活用方法になってきますので、心掛けて返済していきましょう。

 

カードローンの関連記事

 カードローンが払えない時の対処法

 

2021年おすすめのカードローン

2021年現在、カードローンを利用する際に是非とも対象としたいおすすめランキングです。

カードローンは商品選びが大切です。商品選び次第で金利や借入可能額が変わるだけでなく、審査の通過難易度も変わってしまいます。

是非、こちらのカードローンランキングをご参考にご自身にあったカードローンを探してみましょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

2021年現在、もっともおすすめのカードローンは楽天銀行スーパーローンです。

楽天スーパーローンは銀行カードローンのなかでもトップクラスに金利の低さと借入限度額の大きさで人気のあるカードローンです。

 

さらに、WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行く必要がないという申込の簡単さが人気です。

これからカードローンを申し込むなら楽天銀行カードローンも是非加えておくことをおすすめします。
楽天スーパーローン基本データ

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典
10~800万円1.9~14.5%××
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

金利といった点では銀行カードローンがおすすめです。

しかし、即日借入も可能な審査の速さ、審査の通りやすさから考えれば消費者金融カードローンも非常に便利でメリットが豊富です。

特に、大手銀行グループの消費者金融なら利用できる提携ATMの数も多く、インターネットから24時間申込受付しているなど利便性も抜群です。

以下では、大手銀行グループとなる消費者金融をご紹介します。

アコムカードローン

アコムのカードローン

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。豊富なATMによる利便性の高さ!

審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム
アコム基本データ

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
1~800万円3.0~18.0%×30日間金利無料最短30分
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、最短即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

カードローンの関連記事

 

アイフル カードローン

アイフルのカードローン

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。誰にも知られずにカード受取可能
アイフル基本データ

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
1千円~500万円4.5~18.0%×30日間金利無料最短30分
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

 

カードローンの関連記事

 

プロミス カードローン

  • SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • 大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!!
  • 今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要
プロミス基本データ

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
10~500万円4.5~17.8%×30日間金利無料最短30分
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

カードローンの関連記事

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる
* ランキングは当サイト独自のおすすめ順位となります。

SMBCグループのSMBCモビット

10秒簡易審査。最短即日借入可能!

(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

SMBCモビットなら「電話連絡なし」「郵送物なし」のWEB完結申込が利用できます。
SMBCモビットの基本データ

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
 1~800万円3.0~18.0%×最短30分
SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」「郵送物なし」「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもばれずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能:*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります

カードローンの関連記事

>>SMBCモビットなら電話連絡不要で知られずに申込できる

>>SMBCモビットの口コミ・評判
>>SMBCモビットなら一度審査に落ちても再申込できる

 

 

まとめ

カードローンはいざという時に役に立つツールになります。

契約して保有しておくことで、いざという時のサポートになります。

ですが、何も知らずに無計画のまま利用してしまうのは理想的ではありません。借入が重なって、「多重債務者」になってしまうこともあります。

 

カードローンは、正しい活用方法を理解して、上手に活用することが大切です。

しっかりとカードローンを理解した上で、活用していくことが上手な活用方法に繋がっていきますので、まずは知り、そして計画立てて利用していきましょう。

 

カードローンの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG