カードローンの利用を検討している方の中には、総量規制の壁に悩まされている方も多いでしょう。そのため、「総量規制の対象とならないカードローンはないのか?」と探し回っているかもしれません。

 

先に答えをいえば、総量規制の対象ではないカードローンはあります。そこで今回は、総量規制の対象外になるローンの種類や注意点など詳しく解説していきましょう。

 

この記事で知っておいて欲しいポイント

総量規制とはなにか?

総量規制外で借入できるカードローンとは?

総量規制外にはならないけどメリットのあるカードローン

おすすめのカードローン

 

 

そもそも総量規制とは?

まずは、総量規制とはどういったものなのか、確認していきましょう。

 

総量規制とは、貸金業法でさだめられた「金融業者は個人に対し収入の3分の1を超える貸付けをしてはいけない」という法律です。この法律を守らなければ、貸金業者に罰則があります。そのため、貸金業法の対象となる次の2つのような貸金業者はすべて、総量規制を遵守しています。

 

・クレジットカードのキャッシング

・消費者金融のカードローン

もともと、総量規制は自己破産・債務整理などといったことから個人を守るために制定された規制です。しかし一方で、総量規制があるために多額の借入れが難しくなっています。そのため、少しでも多く借りたいと思っている方には総量規制がネックになってしまいます。

 

総量規制外カードローンの種類

融資は、消費者金融だけではなくさまざまな金融機関でも行っています。その中でも、総量規制外としては次の4つになります。

 

・銀行との取引(カードローン・多目的ローン・住宅ローン・自動車ローンなど)
・法人としての取引
・クレジットカードのショッピング枠
・消費金融のおまとめローン

 

クレジットカードのショッピング枠は、リボ払いや分割払いを利用したとしても、総量規制の対象外となります。

 

総量規制外のカードローンを利用したい場合は、銀行のカードローンの検討をしましょう。銀行は貸金業者ではないため、基本は総量規制に縛られることはありません。そのため、総量規制を気にせずカードローンを利用したいといった場合は、銀行のカードローンが有力候補になります。

 

総量規制外のカードローンを探す

 

銀行カードローンの注意点

銀行のカードローンなので、「お金を借りる」ということへの抵抗感が少ないという人が多いですが、以下のような問題点もあります。

 

・即日融資が難しい
・審査が厳しい傾向にある
・審査は他社からの借入れ金額も見る
・収入証明書が必要
といった注意点が4つあるのでご紹介します。

 

即日融資が難しい

大手消費者金融では、即日融資が可能などといったように、申込みから融資までのスピードの速さをメリットとしています。お金に困っている場合、緊急でお金が必要になった時などは即日融資を受けることができるというのは大きなメリットでしょう。

 

しかし、銀行のカードローンは審査を受けた段階で反社会的組織であるかどうかの確認が2018年より義務付けられました。これにより、申込み者を警視庁のデーターベースでチェックする必要があり、早くて翌営業日、長くて2週間と時間がかかるようになりました。

 

以前では、銀行によっては即日融資も可能としていましたが、2018年以降は難しいものになったのです。そのため、即日融資を求める場合は必然的に消費者金融など、総量規制対象とする貸金業者を頼るしかありません。

 

審査が厳しい傾向にある

銀行のカードローンは、専業主婦であっても申込みが可能としていることもあり、審査が厳しくないイメージを持っている方もいるでしょう。総量規制の対象である消費者金融では、無収入の専業主婦を審査に通すわけにはいかないので、専業主婦にとっては救世主とも言えます。

 

しかし、銀行のカードローンは独自の審査方法を持っています。
つまり、その銀行のカードローンの独自審査に当てはまらなければ、たとえ収入があったとしても審査に通らない可能性もあるということです。

 

また、銀行全般でローンの審査が厳しくなったこともあり、その影響は間違いなく受けることになるでしょう。審査が厳しくなった原因については、後述の「収入証明書が必要」で解説します。

 

審査は他社からの借入れ金額も見る

銀行カードローンが総量規制の対象外となると、消費者金融からの借入れは審査に影響しないというイメージを持っている方も多いです。しかしそれは大きな間違いなので注意しましょう。

 

銀行のカードローンは、総量規制の対象外であるため収入の3分の1程度の借入れがすでにあったとしても借入が可能です。ただし、「銀行が許可すれば」です

 

銀行としては、すでに他社からの借入れがあるということは、返済に影響があると考えることが考えられます。例えば、月20万円の収入の方が、すでに毎月10万円を返済している状況だったとします。これ以上借入れを増やすことで、返済が可能かどうか疑わしいと判断されるのです。

 

貸付け金額の制限はないものの、銀行としては債務整理などの貸し倒れは防ぎたいところなので、総量規制の対象外であっても、すでに借入れをしている分に関しては審査対象となります。

 

収入証明書が必要

以前は、消費者金融と銀行はともに200万円以上の借入れを求めなければ、収入証明書の提出は必要ありませんでした。しかし、消費者金融は総量規制によって貸付可能額が縛られているものの、銀行はその縛りが適用されないため、極端に言えば貸したいだけ貸すことができたのです。

 

その結果、銀行による過剰融資が問題となり、収入証明書を提出する目安として借入れ希望額が50万円以上と引き下げられました。収入をきちんと確認したうえで貸付けを行うことにより、銀行側も「返済できる」と判断した理由付けにもなったのです。

 

同時に、収入証明書を確認することによって、銀行としても融資の対象とするかどうか判断材料となるため、審査は依然よりも厳しいものになりました。

 

総量規制外カードローンのご紹介

 

カードローンの選び方

ここまでの解説で、総量規制外の銀行のカードローンであっても、ここまでの借入れ状況が審査に影響することがわかっていただけたのではないでしょうか。

 

ここからは、総量規制外のカードローンの選び方について解説していきます。銀行のカードローンは銀行の数だけあるといっても過言ではないほど、選ぶのに大変苦労するものです。そこで3つのポイントをおさえることで、検討もぐっとラクになるのでぜひ参考にしてください。

 

利用条件に合うかどうか

銀行は、独自の審査基準を持っているというお話しをしました。そのため、カードローンの利用の条件が銀行によって異なるので、チェックが必要です。

 

Aの銀行では、年収200万円以上などと年収の基準が決められているケース、銀行が管轄する地域に住んでいないといけないケースなどさまざまです。銀行のホームページには、利用条件が掲示されているのでチェックし自分が当てはまるか確認をしましょう。

 

金利

金利は返済に大きく関わるものなので、必ずチェックしてください。特に、大きな金額の借入れを望む場合は、金利が1%違うだけで利息の支払い総額が大きく変わるものです。50万円程度の利用限度額であれば、14%程度になるのが一般的な銀行のカードローンなので、事前に確認することが大切です。

 

付帯サービスの有無

消費者金融であれば、30日間の無利息サービスなどといったように、各社独自でサービスを提供しているケースも少なくありません。ただ、銀行のカードローンの場合無利息サービスを提供しているケースは少ないので、他のサービスがないかチェックしましょう。

 

銀行によっては、ATM手数料無料などといったこともあります。

ただし、サービスがいくら豊富であっても自分にとって役立たなければ意味がありません。そのため、サービスをチェックした後は、自分にとって魅力的かどうか検討してくださいね。

 

おすすめのカードローン

2020年現在、最もおすすめのカードローンのご紹介です。総量規制の心配がない銀行カードローンに加えて、総量規制の対象にはなりますが、おすすめの消費者金融カードローンになります。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

楽天グループのカードローン

ネット専業銀行ならではの低金利

月々の返済額は最低2,000円から可能

パート・アルバイトの申込も可能

申込はWEBで完結・来店不要

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト申込
 ~800万円1.9~14.5%××WEBから完結
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

>>ネット銀行で借入可能なカードローン

>>低金利のカードローンに借り換えて利息を減らす方法

 

 

静岡銀行カードローン

静岡銀行カードローン

 

銀行カードローンのサービスをお手軽に!

インターネットから全国申込可能

振込やセブン銀行ATMで借入可能

最大45日間分の利息キャッシュバックキャンペーン

<基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典
 10~500万円4.0~14.5%45日間利息無料

▼こちらをクリック

 

カードローンの関連記事

>>地方銀行は審査が甘い?

>>静岡銀行カードローン審査は速い!

>>静岡銀行の審査に通過するコツ!

>>静岡銀行カードローン口コミ・評判

>>静岡銀行で即日借入する方法

>>静岡銀行なら専業主婦も借入可能!

 

ファーストプレミアムカードローン

ファーストプレミアムカードローン

 

アイフルの最上位クラスのカードローン

金利の上限は9.5%

初めてアイフルを申込する方に限定

30日間無利息キャンぺーン

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入 パート・アルバイト初回特典審査
 最大800万円3.0~9.5%30日間金利無料最短30分
アイフル(ファーストプレミアムカードローン)
5

☆初めてアイフルを利用される方向けの優遇サービス
*すでにアイフルとご契約がある方はご利用頂けません
☆金利が大手銀行カードローンよりも大幅に低い
☆満23歳~59歳の方で一定の年収がある方が対象
☆アイフルカードローンのお得なプラン

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

(実質年率)3.0%~9.5%

所要時間

即日借入可能

その他優遇など

30日間利息0円

 

アコムカードローン

アコムのカードローンは最短30分で借入可能

 

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感!

審査回答は最短30分

土日即日借入可能なカードローン

30日間無利息キャンぺーン

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典審査
 1~800万円3.0~18.0%×30日間金利無料最短30分
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコム土日にお金を借りる方法!

>>アコム審査基準を解剖!ポイント解説

>>アコムは在籍確認不要で借りれる?

>>アコムで即日借入する方法!!

>>借入方法とメリット・デメリット

>>アコム・むじんくんの使い方!

>>ACマスターカードの魅力を公開!

 

アイフル カードローン

アイフルのカードローン

 

アイフルは即日借入可能

審査は最短30分

契約書郵送不要

誰にも知られず借入可能

30日間無利息キャンぺーン

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典審査
 最大800万円3.0~18.0%×30日間金利無料最短30分

アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

カードローンの関連記事

>>アイフルのカードローン完全ガイド

>>アイフルで土日・即日借入する方法

>>アイフルのカードローン、メリット・デメリット

 

プロミス カードローン

プロミスなら30日間無利息で借入できる

 

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス

大手銀行グループの安心感

大手消費者金融のスピード!

30日間無利息キャンぺーン

<基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典審査
 10~500万円4.5~17.8%×30日間金利無料最短30分

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

カードローンの関連記事

>>プロミスで即日借入する方法

>>プロミスなら土日即日借入できる

>>プロミスから事業資金を借入する

 

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

SMBCグループのSMBCモビット

10秒簡易審査。最短即日借入可能!

「電話連絡なし」「郵送物なし」のWEB完結申込

誰にも知られずに申込可能

(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

<基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典
 1~800万円3.0~18.0%×
SMBCモビット
4.98

☆三井住友フィナンシャル・グループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンの関連記事

>>SMBCモビットなら電話連絡不要で知られずに申込できる

>>SMBCモビットの口コミ・評判

>>SMBCモビットなら一度審査に落ちても再申込できる

 

まとめ

いかがでしたか。今回は、総量規制外のカードローンについて、選び方や注意点など詳しく解説しました。
覚えておいてほしいポイントとしては、以下の3つです。

 

・総量規制外であっても他社からの借入れは審査対象
・総量規制外は審査が厳しい傾向にある
・総量規制外のカードローンでは、利用条件や金利を必ずチェックしよう

 

高額な融資を求める場合は、銀行のカードローンを利用した方が金利も低くおさえられるので、消費者金融から借入れをするよりもおすすめです。
しかし、一方で消費者金融よりも審査は厳しい傾向にあるので、覚えておきましょう。

 

カードローンの関連記事

>>クレジットカードのショッピング・リボ・分割払いは総量規制に含まれる?

>>新生銀行のレイクALSAとカードローン エルは総量規制の対象外で借入できるのか!?

>>カードローン審査に落ちた時の対処方法

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG